医療レーザー脱毛とバスタイム

医療レーザー脱毛のお手入れをしたあとには、いくつかの気をつけるべき事柄があります。

脱毛は看護師や医師がしてくれても、そのあとのアフターケアは自己責任です。
クリニックで説明を受けた注意事項は、しっかりと守るようにして、肌トラブルからも守るようにしましょう。医療レーザー脱毛を受けた日の夜は、バスタイムにも気をつける必要があります。毎日のバスタイムは、バスタブにゆっくりと浸かって過ごすという人も、施術をした夜は控えることになります。

横浜の医療脱毛の情報が満載です。

レーザー脱毛を受けると、肌の内側には軽く炎症が起きている状態となっているので、湯船に浸かり芯から体をあたためれば、炎症も加速してしまいます。


普段ならば、健康のためにも体は温めたほうが良いことですが、脱毛をしたあとに限っては状況が違ってきます。

BIGLOBEニュースの検索がとっても楽になりました。

医療レーザー脱毛のお手入れをした夜は、シャワーで体の汚れを軽く洗い流して終わりにしましょう。

シャワーの温度は、あまり高い温度にすると肌への負担になりますから、心地よいぬるま湯で軽く洗う程度にすることです。体を洗うときには、ナイロン製のタオルでゴシゴシこすったりするのは控えましょう。

肌にとって、強い摩擦の刺激となるからです。

洗浄成分が強めのボディソープも、肌への刺激になる可能性があります。

優しい成分の石鹸などを、よく泡立てて軽く肌にのせて、シャワーで洗い流すようにするといいでしょう。

バスタイムの後には、肌はクールダウンさせて、保湿ケアをします。

渋谷の医療レーザー脱毛情報を集めているサイトです。